赤ちゃんからの英語学習で得する人と損する人の3つの違い

赤ちゃんからの英語学習で得する人と損する人の3つの違い

赤ちゃんからの英語学習は、その後の勉強に対する好奇心や学力全般を左右します。

勉強の質が高ければ、ほかの分野に対しても興味を持ちながら習得していけます。

一方で、英語の学び方を間違えてしまうと、「本当はやればできる子なのに、平均以下の学力のまま大人になる」のです。

 

そうならないために、『英語育児マニュアルプログラム』では、0歳~5歳までの子を中心に、正しい幼児教育の行い方を提案しています。

そこで今回は、赤ちゃんからの英語学習で得する人と損する人の3つの違いを解説します。

 

①赤ちゃんからの英語学習は「音のかけながし」が損得の違いを生む

幼児教育に奮闘するママ・パパは、赤ちゃんにとって有効な言語の覚え方を心得ているでしょうか。

赤ちゃんが言語を習得するにあたって必要なのは、聴覚情報

要するに、耳から聞いて英語を発音しようとするのが、第1ステップなのです。

 

よって、赤ちゃんからの英語学習は「音のかけながし」が絶対に必要です。

耳から仕入れる情報が不足しすぎると、その後の記憶力や学力にも悪影響を及ぼします。

人間の言語能力が飛躍的に向上をみせるのは、1歳~2

 

この波を心得た上で、赤ちゃんの時から英語を耳で聞かせれば、わが子に損をさせることはありません。

赤ちゃんからの英語学習で音のかけながしが不足した子は、大人になる頃に「損をした」と実感することになります。

②赤ちゃんからの英語学習に視覚情報が不足することも損をさせる原因

赤ちゃんからの英語学習において、「視覚情報」も言葉を覚える上で大事な要素となります。 ママ・パパの発したセリフを聞くだけでなく、その口の動きにも着目する…。

そうしてわが子は言語を習得していくのです。

ですから、音のかけながしだけでなく、絵本の読み聞かせも大事にしたいところですね。

英語は音楽とは違い、感覚的な学びだけでは理解は不十分です。

発音を知っただけでは終わらず、しっかりと視覚情報と照らし合わせをすることが肝心。

 

  • 赤ちゃんからの英語学習で得する人と損する人の学習方法の違い

学習方法

損得

改善すべき点

英語のかけながしのみ

視覚情報を増やす

絵本の読み聞かせと

参考書学習

発音練習を取り入れる

英語のかけながしと

絵本の読み聞かせ

理想的な学習方法

 

教育ママがやりがちな間違った学習方法は、視覚情報に頼り切ったものです。

本項でも目で見て英語を覚えさせることの重要性を説いているのは確かなのですが、それだけでは赤ちゃんにとって損です。

 

例えば、上記の表のように、「絵本の読み聞かせ+参考書学習」を一定期間続けたとします。

大人になったわが子は、本当に得する勉強方法が身につくようになっているでしょうか?

答えはNOです。

 

なぜなら、視覚情報に頼り切った学び方をしているため、英語のリスニング力は身についておらず、ネイティブスピーカーを前にした時に聞き取れないからです。

『英語育児マニュアルプログラム』に興味を持っているご両親は、少なからず国産バイリンガルを育てることに執着しているはずですよね。

 

ならば、前項で取り上げた「耳から英語を学ぶこと」と合わせて絵本学習を行い、わが子の視覚情報を強化していくことを目指しましょう。

赤ちゃんからの英語学習で得する子は、「視覚情報だけを鍛えた人」ではありません。

 

そのニュアンスを履き違えてしまった場合、言語を習得する上で損をする子を生むことになりますので、学習方法のバランスにも注意したいところですね。

絵本で視覚情報を増やしつつ、基本は耳から英語を学ばせることで、赤ちゃんから得する言語習得方法が身についていくのです。

③赤ちゃんからの英語学習で損得を左右するのは「アウトプットの機会の多さ」

 

 

赤ちゃんからの英語学習で損得の決め手となるのは、アウトプットする機会の多さです。

大人である私たちは、ついついどのようにして言葉を覚えたのかを忘れがち。

「気づいたら日本語を話せるようになっていた」というのも間違いではありませんが、それでも人によって語彙力の差はありますよね。

 

語彙力が豊富なほど、赤ちゃんからの学習方法が良いということです。

つまり、「得する人」に分類されるわけですね。

赤ちゃんからの英語学習で損をさせないためには、覚えた単語を応用させることが大切。

 

ここでいう英語の応用とは、読み書き会話です。

覚えた語句は文中に挿入して使いこなせる実感を湧かせましょう。

周囲にネイティブスピーカーがいるのなら、迷わずわが子に英会話をさせるべきです。

 

そして、これらのアウトプットを毎日欠かさず続けさせることで、反復学習が成り立ち、赤ちゃんからの英語学習において得する子に育て上げることが可能になります。

このように、言語を習得するために比較すべき観点は3つ。

わが子を「得する人」に成長させていくためにも、これらの違いに着目しましょう。

その他お勧め教材のご紹介

最新無料メールマガジンへの登録はこちらから

0歳から5歳まで
英語が苦手なママでもできる英語育児
最新版イギリスの国語の教科書を使うメソッド
英語育児マニュアル&プログラム

詳細はこちらから

英検2級対策合格マニュアル

詳細はこちらから

難関校を目指す為の幼児期から3年生までの学習プログラム
社会&理科パーフェクトマニュアルも

詳細はこちらから

最新版
おうちで小学校受験国立附属小学校対策マニュアルプログラム
PDF120枚!実際に合格した子供の動画例つき!絵画61点特典おまけつき

詳細はこちらから

発達目安プログラム

詳細はこちらから

片づけられない子供に贈る知育もできる 魔法のお片付け講座
勉強ができる子の収納術(1歳~12歳ぐらいまで)

詳細はこちらから

塾推薦コラボ
中学受験対策歴史年代語呂合わせ表150問(中学受験対策歴史年代語呂合わせ暗記資料.pdf)

詳細はこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です