幼児の英語教育において読解力を育てる方法と3つのポイント

幼児の英語教育において読解力を育てる方法と3つのポイント

幼児期から英語の読解力を上げておくことで、中学受験や検定で有利になります。

問題なのは、「子どもへの適切な教育方法」がわからない両親が多いことです。

そこで今1度考えてみたいのが、読解力の意味。

 

ある文章に対して質問された時に、作者の意図したことを正しく読み取れる能力

加えて、答えをあぶり出すまでの手順も踏まえていること。

これこそが、読解力の真意です。

 

近年に入り、中学受験でも英語が参入しています。

そして、英検利用だけでなく採点基準の中には読解力も含まれている学校もありますね。

わが子が将来、困ることのないよう、早期にこのスキルを習得しておきたいものですね。

今回は、幼児の英語教育において読解力を育てる方法と3つのポイントを解説します

 

 

①幼児の英語教育に必要な読解力とは

子どもの中学受験・検定取得を考えている場合、英語における読解力は必ず求められます。

その際に困ることのないよう、幼児期から英語教育に力を入れるわけですが。 ここでいう「読解力」とは一体、どのようなスキルを指すのでしょうか。

 

●中学受験・検定で求められる英語の読解力の基準

中学受験・検定で求められるのは、「どれだけ英語を根本から理解しているか」です。
 
単語の意味を言い当てられるだけでは不十分。 日頃から英文を読むことに慣れていることは必須条件といえるでしょう。
 
また、本やニュース記事に書かれている英文の内容を正確に読み取る力も要ります。
 
そしてこれらの基準は、「幼児の英語教育に必要な読解力」にも直結します。
 
反復学習で1つの言語を話せるまでになったら、次は読み書きをクリアさせましょう。
 

②中学受験・英検の成功率は幼児期から培った読解力が左右する

 
 
中学受験・英検の問題構成を見てみると、リーディングが約半数を占めています。
 
特に難関校の筆記試験・英検準1級以上のレベルになるほど、読解力が求められます。
 
この事実を受けた皆さんは、わが子にどのような幼児教育をしていこうと思いましたか?
 
本当のところ、中学受験・英検の成功率は、幼児期に培った読解力に左右されます。
 
英語が話せるというだけでは、通用しません。
 
難関(進学)校に合格するための前準備として、英文で書かれた本を読むこと・日記や作文になれることは絶対的に必要なのです。
 
●感覚だけで覚えた英語は中学受験・英検には通用しない
わが子に英語のかけながし・絵本の読み聞かせなどを行った際に、きちんと理解していることを確認していますか?
 
幼児の英語教育において重要なのは、「感覚(なんとなく)の理解度」で完結しないこと。
しっかりと文章問題が解けるような落とし込みをしてあげましょう。
 
 

③幼児のうちから適切な英語教育で読解力を身につけさせよう

 
幼児の英語教育で読解力を身につけさせるには、目標をしっかり定めることが大切です。
 
受験する中学・英検のレベル別に、効率的な学習方法を選択してあげるのがベスト。
 
同時に、実績のある教材を揃えることも忘れないでください。
 
 

●3ステップ!幼児の英語教育で読解力を無理なく身につけさせる

 

 
ステップ1 英語のかけながしと絵本の読み聞かせで英語に慣れさせよう

 

ステップ2 11回は英作文を書く習慣づくり

ステップ3 日常会話レベルの英語力がついたら長文読解の反復学習

この3ステップを踏むことが、幼児期の英語教育で読解力に差をつける方法です。

そして、教材には 英語育児マニュアルプログラムを使って頂くと効率が良いと思います。

これを利用することで、限られた時間の中で、最も効率的な幼児教育を果たせるでしょう。

 

国産バイリンガルを育てることに特化したメソッドは多く出回っていますが、実績100パーセントの教材はそう多くありません。

『英語育児マニュアルプログラム』では、英語のかけながしと絵本の読み聞かせのほか、ご両親にも心強い独自のサポート体制をご用意しています。

 

読解問題もこわくない英語力を身につけさせたいという方は、安くても質の良い本教材を手に入れませんか。

幼児期(臨界期というのは、あっという間に過ぎてしまいます。

 

その中で、わが子に、どれだけの英文読解力を身につけさせるのか。

1日の中で家事や仕事をしながら、子どもと二人三脚で英語教育を進めるためには、有限の時間内に前準備をすることが肝になります。

 

加えて、いち早く英文読解に慣れさせる段階までレベルアップしてもらうことも重要です。

小学校3年生から中学受験対策に追われますので、それまでに『英語育児マニュアルプログラム』を使って読解力の底上げをしていきましょう。

 

幼児期から学ぶ英語力は、読解問題だけでなく、学費免除などにおいても有利に働きます。

各種制度でママ・パパの家計の手助けをしてもらうという意味でも、わが子の教育に力を入れてみませんか。

 

その他お勧め教材のご紹介

最新無料メールマガジンへの登録はこちらから

0歳から5歳まで
英語が苦手なママでもできる英語育児
最新版イギリスの国語の教科書を使うメソッド
英語育児マニュアル&プログラム

詳細はこちらから

英検2級対策合格マニュアル

詳細はこちらから

難関校を目指す為の幼児期から3年生までの学習プログラム
社会&理科パーフェクトマニュアルも

詳細はこちらから

最新版
おうちで小学校受験国立附属小学校対策マニュアルプログラム
PDF120枚!実際に合格した子供の動画例つき!絵画61点特典おまけつき

詳細はこちらから

発達目安プログラム

詳細はこちらから

片づけられない子供に贈る知育もできる 魔法のお片付け講座
勉強ができる子の収納術(1歳~12歳ぐらいまで)

詳細はこちらから

塾推薦コラボ
中学受験対策歴史年代語呂合わせ表150問(中学受験対策歴史年代語呂合わせ暗記資料.pdf)

詳細はこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です